カングーの20年 振り返りその3

ルノーカングーの歴史を振り返るシリーズ第3回です。


今回はデカングー(フェイズ1)

2007年9月、フランクフルトモーターショーで発表。

日本では2009年9月から2013年まで販売されました。

2009年はカングージャンボリーが初めて開催された年でもあります。


カングー史上初めてのフルモデルチェンジ。

特徴はボディーの大型化。

国際基準の荷物パレットである”ユーロパレット”に対応するスペースができます。

コカングーはユーロパレットに対応できてなかったんですね…


日本では販売当初、大型化に否定的な反応が多く不安視する声も見受けられました。

しかし、安全性や快適性が大きく改善、商品力が高まった事もあり記録的なヒット商品になります。


それでは写真とともに振り返ってみます。


▼2009年 登場時のモデル(フェイズ1前期)

ボディーカラーは全12色を設定。現行モデルの倍ですね!

インテリアは全体グレーを基調とし、シートは「HOOPS」というシャボン玉をイメージしたデザインでした。



助手席は可倒式になりました。


▼2010年 デカングー発の限定車「Couleur」クルール発売

名前の通り特別カラーをまとったモデルで、画像のヴェールパリのほか、オランジュプロヴァンス(橙)、ブルーフランス(青)の各カラー30台、合計90台の限定販売。

この限定車が発表直後に完売した結果、クルールは毎年限定販売することになります。

3年位前の写真…少し若いですね(;^_^A


▼前期モデルラストを飾ったのは遊び心満載の「be bop」ビボップ

ホイールベースの短い本国仕様のカングーエクスプレスコンパクトがベース。

4シーター、MTのみ(ホイールベースが短くATギアボックス搭載不可のため)の設定。

サンルーフが装備され、ジラフォンの様なリアのオープントップを持つ実用的な遊び車。

本国以外は日本にのみ輸出されました。

写真のbebopオーナー様、岡山県から遊びに来てくださいました。


▼2011年 マイナーチェンジ実施(フェイズ1後期)

ボディーカラーは全10色。

大きく変わったのはインテリアカラーとシートデザイン。

ダークカーボンを基調としたインテリアカラー、シートはライトグレーストライプに変更されます。

エクステリアはドアハンドルがシルバーに、サイドモールがボディー同色に。

因みにサイドモールはジョンアグリュム(イエロー)のみ黒い樹脂モールのままでした。

カラーモールと黒樹脂モールは太さが全然違います。

さらに、あまり知られてませんが、車高が2cm低くなってます。183cm→181cm

理由は謎、どなたか教えてください。




▼限定車「Couleur」第2弾

前年に続いて登場、今回は4カラーを設定。

オランジュアンダルー(橙)、ヴェールジャルダン(緑)、ブルークレール(青)。

そして驚きはローズ(ピンク)世界を見渡しても日本のみのカラーです。

各色90台の設定ですが、ローズのみ30台でした。

通称ピングー! カワ(・∀・)イイ!!


▼2012年 上級モデル「IMAGE」イマージュ登場

シルバープレートが特徴の前後バンパー、ブラックヘッドランプマスク、専用アロイホイール、レザーステアリングなどを標準装備、シートは3トーンカラーシートを採用。




▼イマージュベースの限定車も発売されました。

ピエールエルメのブランド「キャレマンショコラ」とコラボした"カングーショコラ"

ボディーカラーはもちろんマロンショコラ。

専用デカールをはじめシフトブーツやアームレスト、オーバーヘッドコンソールボックス、ナビフェイスパネルなどをショコラカラーでコーディネート。

クリスマスまでの1ヶ月間、30台限定で販売されました。


▼限定車「Couleur」第3弾

この年のクルール、画像のベージュカマルグのほか、ヴェールパステル(薄緑)、ブルーエクスプレス(青)の3カラーを設定、3色合計300台の限定販売。


▼2013年 フェイズ1最終年

限定車「Couleur」第4弾

フェイズ1ラストのクルールは「毎日に花を」をテーマに画像のタンタシオンヴィオレのほか、クラージュジョン(黄)、カルムブルー(青)と3カラー180台限定販売でした。

この年のモデルはドアミラー形状がフェイズ2タイプになります。


▼6月、300台限定のオーセンティック

この限定車の販売を最後に現行フェイス(フェイズ2)へとマイナーチェンジします。



▼フェイズ1のカラーバリエーション


日本での販売期間は4年と短かったですが、とても濃い内容だったフェイズ1。

6年たった今でも愛され続けています。


1,731回の閲覧

カングー専門店

〒612-8008 京都市伏見区桃山町東町4

Tel: 075-621-9798

© 2018 by 株式会社クラフトハウス