ブルービワコに新色?

3月のとある日、タントからの乗り換えを考えているとご来店。

お子さんも大きくなってきたので、5人乗れてスライドドアで。

せっかく乗るなら色も好みのカラーにしたいとご相談。


お話しを聞いていると、僕とご近所さん。

冗談で「家はどの辺です?〇〇君の家の近く?」とか言ってみたら、「そうそう、〇〇君の近く。〇〇君知ってるの?」と思ってもいなかった答えが返ってきました。

「〇〇君て言われても知らんし!」とか「誰?」くらいの返しを待っていたのですが(笑)


で、僕とAC様は中学時代の同級生だった事が判明。

在学中、お互い存在は知らず。これってマンモス校あるある?

いや、僕が3年間存在を消していたからか…

こんな出会いからAC様のYourKANGOOがスタートしました。


後日、ご希望の条件に近いカングーが入庫したのでご案内。

車輌を見て頂き、ご主人のOKも出たので、無事にご契約となりました。

ご主人が乗られているデリカ、そしてカングーと羨ましい2台持ち。

いろんなところに遊びに行けますね。


▼ベース車輌はブルーエトワールのゼン



当初、現在乗られているタントと同じ色(黄色)にしようかとおっしゃっていましたが、最初にご自身がいいなと思った色は青色だったらしく、後悔したくないとの思いで青に決定。

その中でも「ブルービワコ」を好みのイメージに近いと選ばれました。



▼ブルービワコ「きどらない車」


▼色が決まればペイントに出発。いってらっしゃい!


実は今回、ブルービワコの色味を少し変化させてみたんです。

と言いますのも、相談中にやや濃いめのブルーグレーが好きとおっしゃっていたので…

変な自信があって、勝手に深みを出しちゃいました。

ブルービワコ姉妹色の誕生です。


▼ペイント中の様子。



▼ペイントから戻ってきました。狙い通りの仕上がりです(笑)


ペイントから戻ればラストスパート。

残り作業を急いで完成です。


完成写真



カスタム紹介

▼ドアウッドパネル(木の種類はウォルナット)




▼ナビパネルはシートベルト警告灯の位置がいつもと違って反対側。

新たに型を起こして特注しました。(木の種類はウォルナット)



▼アームレスト/シフトブーツはネイビーの8号帆布で張り替え。



▼ドライブレコーダー


▼カップホルダー(青いのは保護フィルム)


▼フロントグリルはマットブラックにペイント。


▼ホイールセンターキャップ


▼マルチルーフレール


▼オーナメントはコカングータイプを取付け


▼UVカットスモークフィルムをリアガラス5面に。


▼ボディーコーティングでフィニッシュ


作業が終われば高速道路を含めたロードテスト。

いつものコースでトータルチェック行い、完成となります。


▼僕たちの母校の前で撮影(^^)v

せっかくなので、いつものコースからちょっと寄り道してみました。


▼車検で入庫していたST様の「ブルービワコ」(左)と並べてみました。

並ぶと違いがわかりますね。


納車日

天気は晴れ。

AC様、新しい愛車とご対面。

勝手にアレンジした仕上がりにたいへん喜んでいただけました。

カラーネームは任すとの事なので、僕の宿題に。


▼長年乗られていたタントとはここでお別れ。

寂しさで涙ぐんでいたお子さんも、気持ちの切り替えが出来た様子。

荷物を積み替えて出発です。


今日から始まるカングーライフ、楽しんで下さい。

ご近所なので、そのうちすれ違ったりするでしょうね。

楽しみにしています。

ありがとうございました!



宿題だったカラーネーム。

「ブルービワコ沖」とか「ブルービワコ+」とか、インスタでこれどう?とコメント頂いた「ブルー奥琵琶湖」とか、悩みに悩んだのですが、これに決めました。


「ブルービワコ104」


104とは何ぞやと思われますが、琵琶湖の最大水深です。(正確には103.58m)

今回、色に深みをだしたので琵琶湖の深さにしてみました。

「ブルービワコ」「ブルービワコ104」共々よろしくお願いします(^^)v


追伸、先日さっそくすれ違ったので手を振ったのですが、僕のカングーが地味なカラーのため気づかれず…まあまあ恥ずかしかったです^^;

次回こそは!


#YourKANGOO